争うこと

手をつなぐ

離婚調停とは、当事者同士での話し合いで 離婚という結論で夫婦双方が合意できるか、離婚で合意できたとしても 慰謝料はどのくらいどちらが払うのか、子供がいる場合には親権はどちらが持つかなどの お互いの意見が一致すれば何の問題もないのですが、なかなか上手くいかないことのほうが多く、 離婚時のもめごとは少なくないので、そのようなときに家庭裁判所で第三者である調停委員の立会いの下、話し合いをしていくことです。 第三者を挟むことにより、スムーズに話し合いを進めていき お互いの妥協点などを見つけ出してまとめていきます。 ここで調停委員の人を味方につけておくと、離婚調停は有利に動いていったりするようなので 話すべき事などをきちんと整理してから望むといいでしょう。

財産分与、慰謝料、養育費などで争っている場合、無茶な要求をしても払えない可能性もあるので、おおよその金額はその相場を参考に金額が決められることが多いのです。 長期間になる場合は、離婚するかどうかが争われている場合の離婚調停です。 双方が離婚に納得していないと協議離婚はできないので、そのために離婚するかどうかを調停委員の仲介の下で、話し合われるのですがこのような場合は 長引く可能性が非常に高くなります。 そして、離婚調停を途中でやめることも可能です。 実際に調停を開始しても精神的に辛く、当事者が調停を終了させる場合も少なくありません。