不和になっているカップル

流れを知る

デート

交通事故の弁護士は大阪で依頼しましょう。親身になって相談に乗ってくれて、トラブルをスムーズに解決できますよ。

抱えている悩みに合わせて対策の方法を考えてくれます。交通事故の後遺障害はここで解決しておこう。多くの人から信頼を得ています。

交通事故はいつ起こるか分かりませんので遭遇時の対処方法は事前に確認しておく必要があります。万が一交通事故に遭ってしまったら必ず警察に届け出ます。そして加害者の氏名や車のナンバーなどを控えておくことが大切です。他にも事故状況を写真に撮っておくことなどをします。もし交通事故にあっても特に怪我などがないため、その場で加害者の謝罪を受け入れて警察にも届けることなく解決してしまうことは絶対に止めておきます。交通事故で多いむちうちの症状は、事故当時はあまり身体に痛みなどが無くても、後日症状が発症することが多々有ります。ですので必ず警察にも届け出て、病院にも行くようにします。むちうちは頸椎捻挫など頸部の怪我の総称のことで、完治まで約3ヶ月から半年ほどかかりますし、後遺症が残る場合もあります。ですので交通事故にあったら必ず警察に届け出て交通事故証明書を発行してもらわなければ行けません。

不幸にも交通事故に遭ってむちうちの症状が出た場合はどのように対応するのが最も良いのでしょうか。事故後に加害者が加入している保険会社から示談金の提示がありますが、この時点での示談金については承諾してはいけません。この時点での保険会社の示談金は任意保険基準により算出されていますので、まだこの金額よりも増額できる余地はあります。もし自分が加入している自動車保険に弁護士特約が付帯されていれば、この特約を利用することをお薦めします。弁護士に依頼して相手側保険会社と交渉してもらえば、弁護士会基準によって任意保険基準よりも高い示談金額を得ることも可能となります。またむちうちの治療のために通っている整骨院などでも治療費の請求など保険会社とのやりとりをしてもらえる場合がありますので、一度相談してみることも良いと思います。

争うこと

手をつなぐ

離婚調停の期間の相場は、半年ほどですが早ければ一か月、長ければ一年以上かかる場合もあります。短期間で終わる場合には、金額で争っている場合があるので、どうするとしっかり解決できるのか覚えておきましょう。

Read More

結婚をした夫婦が迎える問題。離婚専門弁護士情報を豊富に集める為には、インターネットを活用してみるといいでしょう。

協議から調停へ

弁護士

離婚を、もし円満な「協議離婚」という形で終わらすことが出来ない場合には、離婚調停へと駒を進めることになります。弁護士に依頼するにしても、費用を抑えつつ行うことも可能です。

Read More

裁判所へ申し立て

法律

離婚調停は、家庭裁判所に申し立てをするところからスタートするものです。難しくはありません。弁護士に依頼してサポートしてもらえば、スムーズに、そして有利に進めることが出来るでしょう。

Read More